TELアイコン

042-337-4388

電話受付 平日 9:00〜20:00

土 9:00〜17:00 日・祝 9:00〜16:00

メニューボタン
院内風景

小児歯科

自費診療

 

チェックアイコン

小児歯科の重要性、お子さまの虫歯はあなたとのお口から子供に感染している!

虫歯は、風邪やインフルエンザのように人から人に移る「感染症」であることを知っていますか?生まれたばかりの赤ちゃんは、虫歯の原因となる菌はいないので、虫歯にはなりません。多くの場合、スキンシップを通じて周囲の大人から移るといわれています。

だからといってスキンシップを取らないわけにはいかないし、いつ移るかもわかりません。そこで大事になってくることは、虫歯になる前に早くからお子様のお口の中の環境を整えてあげることです!

コミュニケーション風景

「予防するには何歳から歯医者さんにかかればいいの?」という疑問をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。実は、歯医者にかかる年齢に決まりはありません!乳歯が1~2本生えてきたら歯医者さんへの行き時です!

虫歯のリスクは、歯が生えてからの1年目が感染リスクの30%を占めています。乳歯にしても永久歯にしても、歯の生えたてのケアがとても大切になってくるのです。はじめのうちは泣いてしまうかもしれませんが、お子さまにとってはとても重要なこと。

大人でも歯磨きを意識しないと磨き残しがあるように、お子様にも磨き残しはでてきます。特に小さなお子さまはお口を開けて磨かせてくれませんから、まずはきちんと磨き残しを発見してあげることが肝心です。

歯磨き風景

おうちでのお子さまの歯磨きはっとっても大変だと思います。けいびる歯科医院は、毎日がんばっているお母さまとお父さまを少しでもお手伝いをしたいと考えています。お子さまが「ハミガキって楽しい!」「歯医者さんに行くとこんないいことがあるのだ!」と楽しみになるような歯科医院づくりを目指しています。
怖がっているお子さまに無理やり治療を始めることはありません。

まずはお母さま、お父さまと一緒に診療台に座っていただいて、少しずつ歯医者さんに慣れてもらいます。

チェックアイコン

虫歯治療はなり始めが肝心

歯は虫歯になりやすく、構造が永久歯に比べて薄いことが特徴です。また、虫歯になったときの自覚症状はほとんどないため、気づいたときには神経の近くまで虫歯に侵されてしまうことも珍しくはありません。

乳歯の虫歯を早期発見するために、お母さんが歯の表面をチェックしてあげることが大切になってきます。歯の表面が白っぽくなっていたり、黒いシミができていたり、歯の溝が黄色くなっていたりした場合は要注意!虫歯になり始めている可能性があります。

治療風景

その時点で小児歯科に行くことができれば、大きな負担をかけずに治療が可能です。

もし、虫歯が大きくなってしまった場合でも、極力痛みを和らげて治療することができますので、ご安心ください。麻酔をして治療するときは、2種類の表面麻酔薬を使い、歯茎に針をさす瞬間の痛みを最小限に抑えます。また、麻酔の針も最も細い針を使用していますので、ちいさなお子さまでも怖がらずに治療できます。

チェックアイコン

虫歯から子供を守る3つの予防

正しい知識があれば、お子さまへの感染時期を遅らせることが可能です。感染予防には、次の3つの方法が有効です。

1. 当院では、高濃度のフッ素(フッ素化合物)を用いた虫歯予防を無料で実施しています。

このお薬を湿布することによって、歯の質を強くし、虫歯の菌が作り出す酸に抵抗する強い歯にしていきます。年に3~4回の塗布を継続して、徐々に強い歯に育てていくことが大切です。歯科医院で湿布するフッ素は濃度が高いので、虫歯予防に効果的です。

高濃度フッ素 イオン導入

併用して、フッ素入りの歯磨剤の使用などをおすすめしています。歯の表面のエナメル質が溶けるのを防ぐためだけではなく、酸で軟らかくなり始めたエナメル質を硬くしてくれる「再石灰化」の作用もあります。

ただし、フッ素を塗布すれば、絶対に虫歯にならないということではありません。当院では、さらに効果の高い、フッ素のイオン導入もおこなっております。イオン導入すると、フッ素(化合物)単体を湿布するときに比べ、5倍以上も深く象牙質(ぞうげしつ:歯の主体をなす硬組織)へ浸透するといわれています。

2.シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の要望の方法です。あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を、接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。このプラスチックは、虫歯を削ったときに埋めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないというものです。

以前は、このシーラントという治療をするときに、お子さまは唾液の分泌量が多いため、唾液が治療部位についてしまい、接着力が弱まりすぐに取れてしまうことがよくありました。ですが、当院ではすでに材料の見直しを行い、良質なものを使用することによって改善されていますので安心して予防の1つとお考えください。

3.歯磨き予防

虫歯予防でもっとも大事なのは、やはり自宅で毎日行う歯磨きやうがいなど、日々の基本的な歯垢清掃です。お母さま、お父さまの仕上げ磨きが重要になってきます。歯磨きを嫌がるお子さまへの対応の仕方など、お気軽にご相談にください!

親子歯磨き風景
チェックアイコン

当院の小児歯科がお子様に喜ばれる理由

フッ素の種類は、いちご・ぶどう・ケーキ・メロン・チョコレートなど豊富にご用意しております!

お子さまにお好きな味を選んで頂き、フッ素を塗っていきます。ムース状のフッ素でモコモコしているからか大好評です!当院では全員、無料で行っております。フッ素のイオン導入は、使い捨てのトレー代200円がかかります。

また、治療をがんばったお子さまには、おもちゃを1つプレゼント!たくさんあるおもちゃの中から、好きなものおえらびいただけます!当院では、歯医者に行きたいと思ってもらえるように、治療をされていなくても、来院されたお子さま全員にはおもちゃをプレゼントしています。治療をしたお兄ちゃんにはおもちゃのプレゼントがあるけど、一緒に来た弟くんはもらえない…なんてことはありません!また、お母さま、お父さまが治療している間、待っていてくれたお子さまにもプレゼントしています。

おもちゃ

小さなお子さまをお連れでも安心してお越しください!お母さま、お父さまの治療が終わるまで、当院スタッフが一緒にお待します。お子さま向けの絵本やおもちゃも数多くご用意していますし、おもちゃをえらんで遊ぶこともできますので、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

チェックアイコン

お子様の虫歯予防法

小さい頃から歯医者さんへ通う習慣が大切です。正しい対策をすれば、子供の歯を守ることができます。また、それが一生の財産へとつながっていきます。

子どもの歯が生えそろう2歳ごろまでには、歯科医院で受診されることをお勧めします。虫歯の原因となる菌への感染症を遅らせることで、将来虫歯の本数が少なくなるという報告データがあります。感染症である以上、対策が可能ですので、正しい知識で子供を虫歯から守ってあげることが大切です。

虫歯チェック

予防や治療が早くて悪いことなんてありません。お子さまが病院で泣き叫んでは迷惑がかかるということもありません。最初は泣き叫んでも、少しずつ慣れてもらえるようにスタッフ一同が全面的にサポートします。当院では、お子さまのお口の中の状況をご家族の方に、丁寧にご説明させていただきます。わからないこと、不安なことがあれば、その都度ご質問ください。また、お子さまの歯並びも含めお母さま、お父さまのサポートも行っておりますので、いつでもご相談ください。

乳児期

まだ生えていない時期には、舌に白いカスが溜まってしまうことがあります。気づいたら、湿らせたガーゼを使ってふき取ってあげましょう。

生後7~8か月

生後半年を超えると、赤ちゃんには小さな前歯が生え始めます。この時点でも、歯の汚れに気がついたら湿らせたガーゼでなどでふき取ってあげましょう。

生後1年

生後1年を過ぎてからは、お母さんが歯ブラシを使ってケアしてあげましょう。

3歳から

3歳を過ぎたあたりから、お子さま自身に歯磨きの仕方を教えて自分で磨かせるようにしましょう。もちろん、すぐにしっかり磨けるようにはなりませんので、最後にお母さんのチェックが必要です。

5歳から

5歳くらいから、毎食後に自分で歯磨きをする習慣をつけさせましょう。朝・昼・晩の3回磨かせて、お母さんは仕上げ磨きを行うとともに、磨き残しチェックをしましょう。

6歳から

6歳くらいになると、奥歯に「6歳臼歯(ろくさいきゅうし)」という大きな歯が生えてきます。この歯は溝が深く、食べかすも溜まりやすいためチェックも念入りにしてあげましょう。

乳児期

まだ生えていない時期には、舌に白いカスが溜まってしまうことがあります。気づいたら、湿らせたガーゼを使ってふき取ってあげましょう。

生後7~8か月

生後半年を超えると、赤ちゃんには小さな前歯が生え始めます。この時点でも、歯の汚れに気がついたら湿らせたガーゼでなどでふき取ってあげましょう。

生後1年

生後1年を過ぎてからは、お母さんが歯ブラシを使ってケアしてあげましょう。

3歳から

3歳を過ぎたあたりから、お子さま自身に歯磨きの仕方を教えて自分で磨かせるようにしましょう。もちろん、すぐにしっかり磨けるようにはなりませんので、最後にお母さんのチェックが必要です。

5歳から

5歳くらいから、毎食後に自分で歯磨きをする習慣をつけさせましょう。朝・昼・晩の3回磨かせて、お母さんは仕上げ磨きを行うとともに、磨き残しチェックをしましょう。

6歳から

6歳くらいになると、奥歯に「6歳臼歯(ろくさいきゅうし)」という大きな歯が生えてきます。この歯は溝が深く、食べかすも溜まりやすいためチェックも念入りにしてあげましょう。

小児歯科についてよくある質問とその回答

Q.

ベビーカーで待合室に入れますか?

A.

もちろん大丈夫です。
入り口に段差がございますが、スタッフがスロープをお持ちしますので、ご安心ください診療室もベビーカーのまま入っていただけます。